クレンジングオイルの正しい使い方

MENU

クレンジングオイルの乳化は念入りに

夜の洗顔はまずクレンジングからですよね。
私はクレンジングはオイルを使っているのですが、
正しい使い方がわからずに適当に使っていたことがあります。

その時はオイルを流しても流してもぬるぬる感が取れず、
そのまま洗顔料での洗顔にうつって洗い流していました。
洗顔10
しかしクレンジングオイルのきちんとした使い方を調べて実践してみると、
洗顔料を使わなくてもぬるぬる感が取れることがわかりました。

もちろんその後洗顔料で顔を洗いますが、まずはオイルをしっかり流すことが大事だと思います。

 

その正しい使い方とは、乳化を念入りにすることです。
オイルをメイクとなじませた後、いきなり水をかけるのではなく、手についたオイルを少しの水で乳化させます。
その手で顔をなでていると感触が変わってきます。
手に少しだけ水をつける、その手で顔をなでるというのを繰り返すと
顔のオイルもしっかり乳化されて洗い流しやすくなるのです。

 

最後は普通に顔に水をかけて終わりです。
けっこう時間がかかりますが、オイルがちゃんと流れると
毛穴までさっぱりしたような感覚になれるのでおすすめです。