メイクブラシが肝

MENU

メイクブラシが肝

洗顔9
美肌の基本は、メイクでもスキンケアでもなく、洗顔だと思っています。
日中肌に付いた汚れや余分な皮脂、角質をしっかりと洗い流ししっかりと寝るのが大切です。
しっかりと洗顔をするなら、まずはしっかりと毛穴を開くことから。

 

よく言う「蒸しタオル」です。
水で濡らし絞ったフェイスタオルをレンジでチンして、その蒸気をヤケドに注意して顔を温め毛穴を開きます。
顔を濡らす時はシャワーをそのまま当てたりはせず、ちゃんと手ですくって優しく顔に触れます。
一番のポイントは洗顔料の泡立て方です。
洗顔ネットでも良いのですが、それよりももっときめが細かくもっちりとした濃厚な泡が作れるものがあります。

 

それがメイクブラシです。
良質で毛の詰まったメイクブラシに洗顔料を取り、手のひらでくるくるとしているとモコモコと泡が立ってきます。
そのままメイクブラシで洗っても良いのですが、それも多少の摩擦にはなってしまうので、やはり泡の力だけで洗うのがおすすめです。

 

洗顔後は開いた毛穴をしっかりと閉じることも忘れずに。
冬なら冷水で顔をゆすぐ。
夏なら冷蔵庫で冷やした化粧水をつけるのも良いでしょう。